還暦祝いのプレゼント ~60代に人気の贈り物~ >  還暦祝い >  知っておきたい還暦祝いのマナー

知っておきたい還暦祝いのマナー - 還暦祝い

還暦祝いは、他のお祝いと比べるとあまり馴染みのないお祝い事かもしれません。
「還暦祝いっていつするの?」「還暦祝いってどんなことすればいいの?」
ここではそんな還暦祝いについて、詳しくご説明していきます!
還暦祝いのマナーや相場、贈ってはいけないものなど・・
最低限知っておきたい還暦祝いのことについて。

  • 知っておきたい還暦祝いのマナー
    ここでは最低限知っておきたいマナー、
    気になるお祝いの相場・目安、その他の長寿祝いの時期などを簡単に説明していきます。
    これから還暦を迎える人達の子供世代は、
    昔から伝わる古い慣習などにちょうど疎くなってきている世代です。
    「結婚式」や「お葬式」のルールやマナーはわかっていても、
    自分が経験したことのない「還暦祝い」や「喜寿祝い」については
    一体どのようにお祝いしたらいいのか悩んでしまう人も多いようです。

    還暦祝いの相場・金額


    還暦祝いって、大体いくらくらい包むものなの?
    皆が気になる還暦祝いの相場・金額について調べてみました。
    お祝い金額は、地域や家族によっても異なりますので、目安程度にしてください。
    還暦祝い 贈る相手 金額・相場
    両親へ 相場:3万、5万、1万円多い
    兄弟姉妹へ 相場:10,000円程度
    その他親類へ 相場:5千~2万程度
    友人・知人へ 相場:10,000円程度
    家族で集まって、皆でレストランなどに行く場合は一人当たり大体5千円~1万円前後が
    相場となっているようです。
    また、目上の人にお金(現金)を贈るのは失礼だという考え方の人もいるようですので
    人によっては何か形になっているもの、プレゼントを贈る方がよいかもしれません。

    のしや水引きについて


    還暦祝いにはのし紙をつけ、水引きは紅白か金銀の花結び(蝶結び)にするのが
    正しいマナーです。
    表書きは「長寿御祝」「寿福」、「祝還暦」「寿福」「還暦御祝」「敬寿」などにします。

    還暦祝いの時期


    なるべく当日かそれ以前がベストです。
    しかし遅くても2~3ヶ月前には日程を決めておかなければ、
    それぞれが都合をあわせたり準備をするのも大変です。
    最近は必ずしも当日にお祝いをしなくなっていますが、祝い金やプレゼントを贈る場合には
    誕生日の半月前から当日までの間に届くように贈るのがマナーです。
    ただし、一緒に食事や祝宴の場をもうけるならば還暦を迎える当人の都合を一番に考えましょう!
    少し誕生日より多少遅れてしまっても、問題ないと思います。

    "還暦祝い"は、誰がするの?


    還暦祝いとは、昔は本人やその家族が感謝の気持ちをこめて
    お世話になった人や親戚を招待し、
    お祝いの宴を設けるのがマナーでした。
    しかし最近では、家族が場を設けて本人を招待したり、会社などでは
    後輩が祝宴を催すことが多いようです。
    とは言っても誰が取り仕切らないといけないこともありませんので、
    家族で還暦祝いをするなら
    皆がそれぞれ良いアイディアを持ち寄ってプレゼントをしたり、
    気持のこもった還暦祝いをしてあげるのが良いでしょう。
    参加規模も家族のみ、または親戚一同、または知人友人含めて・・・など
    それぞれ異なるようですので、
    当人に一番喜んでもらえるような"還暦祝い"にしてあげたいものです。
    還暦祝い・プレゼントなどの費用負担に関しては兄弟で等分するのが一般的ですが、
    ただし無理のない金額にして、皆が心から楽しめる会にしましょう。

還暦祝いのプレゼント 人気ランキング

ページのTOPに戻る

還暦祝いの相場やマナー、定番や人気のプレゼント・ギフトをまとめてご紹介します。
プレゼントの選び方や60代に喜ばれる還暦祝い、女性向けの還暦祝いなど。